注文住宅で新築が出来上がるまでの流れ

注文住宅の全貌

注文住宅とは何か

注文住宅には色々とやることがたくさんあります。 建築業者と相談する前のイメージから始まっているのです。 時間と手間がかかるのが注文住宅ですが、手間をかけた分愛着が湧くのではないでしょうか。 しっかりと話し合い、自分に合った住宅を手に入れましょう。

注文住宅で注意してほしい点

人生で一番高額な買い物と言われる新築ですが、色々な業者や人が関わる以上注意したいこともあります。 見落としてはいけない部分はどこなのか、それに対してどのような対処が必要なのか。 しっかりとポイントを押さえて、悔いが残らないように気を付けましょう。

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅を選ぶ上で、どのようなメリットがあるのか、逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか。 メリットとデメリットの両方知ることで、より良い住宅にする参考になると思います。 一生の買い物ですので後悔しないようにしっかり選んでいきたいですよね。

注文住宅の入居までの流れ

注文住宅とは、新築住宅を建てたい場合に、間取りや建物の仕様や外観、内装などを建築依頼者が指定して計画をする住宅です。

注文住宅の種類は二つあり、セミオーダー住宅とフルオーダー住宅があります。

セミオーダー住宅は住宅設備の色や外壁などの色を決めたりするのですが、基本的な仕様が決まっている建築方法です。
間取りなども決めることが出来ますが、金額によって決められる範囲やグレードが違います。
フルオーダーは知識が必要になりますので、あまり知識はないけど、色々選びたい方はセミオーダー住宅を選ぶそうです。

フルオーダー住宅は窓の仕様や断熱材や使う木材など建築に使う全ての材料を建築依頼者が決める建築方法です。
かなりの手間と資金がかかりますが、世界に一つしかない住宅を作ることができますので、住まいに強いこだわりのある方で、時間と資金がある方はフルオーダー住宅を選びます。

注文住宅のセミオーダー住宅で注意してほしいことは、心無い業者がセミオーダー住宅として規格図面を見せてくることがあるということです。
規格住宅だと、オーダー住宅の意味がありませんので、業者側が儲けようとしている騙されている場合もあります。
信用できる業者を選びましょう。

このように注文住宅には二種類あり、住宅へのこだわりで資金やグレードを変えることが出来るのです。
しかし、建売住宅の良い面もたくさんあるので、建売住宅を一通り見ておいたほうが参考になると思います。