注文住宅の全貌

注文住宅とは何か

注文住宅の手続きの流れ

まずは予算決定から始めます。
ローンだと月々の返済額を無理なく払える額を設定しましょう。
家賃だったらどれ位なら払えるかということですね。

そして土地探しです。
土地によって建築プランが変わりますので、土地から探します。
気に入った土地を見つけましたら買付証明書を不動産会社に提出します。
ほぼ決めた感じで証明書を提出してください、あまりにキープが多かったりすると、信用問題や賠償問題になります。

建物のプランの仮決定をしましょう。
予算内で住宅設備や外観など詳しく決めておきましょう。
業者の得意分野がそれぞれ違いますので、複数に相談して探してみましょう。
良い提案が見つかるかもしれません。

住宅ローンの事前審査をします。
先に事前審査をし、最終的に金額が決ったら本審査をします。
金額が増えなければ落とされる心配はあまりないです。

注文住宅の流れ後編

土地と建物の契約をします。
一般的には住宅ローン特約を設けます。
住宅ローンの本審査が通らなかった場合に、この契約は白紙にしますというのが住宅ローンの特約です。

住宅ローンの本審査をします。
本審査でも落とされてしまうケースもあり、担保となる建築物と土地の評価額より借り入れ額が多い場合、団信加入が義務付けられているローンで、健康状態により団信できない場合です。

土地の所有権を移転します。
司法書士が移転の手続きをしますので、完了したら土地代金を銀行から買主へ振り込みます。
登記費用など諸経費を用意しましょう。
費用は土地の大きさで違いますので確認して下さい。

工事を開始します。
工事の流れなどは特に知らなくても大丈夫です。

そして完成しましたら引き渡しで入居です。
住居設備の説明書と保証書と鍵を受け取って終了です。


この記事をシェアする