注文住宅の全貌

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅のメリット

完成してしまっている建売住宅と比べて圧倒的に自由度が高いということです。
キッチンを広めにしたり外観を欧風にしたり耐震性が安心できる住宅にしたり、自由に注文できます。
そして何より世界に一つだけの家を建てることが出来ます。
建築現場をチェックできますので、注文住宅の欠陥は建売に比べて少ないと言われています。
第三者機関によるチェックを行う業者もありますので手抜きなどの抑止になります。

こだわらない部分があれば、そこの予算を抑えたりなど予算の調整がしやすいこともメリットです。
質の良い物で評判の良い施工会社で建てた家は資産としての価値が下がりにくくなります。
建売の家は価格を下げるために、あまり高い材料は使わないので、家としての評価は下がります。

注文住宅のデメリット

建売住宅より、入居までの機関が長くなってしまいます。
初期の面談から相談事項が多いので、契約まで一か月から二か月かかると言われます。
しかも土地探しから始めると半年間位かかるケースもあります。
土地と建物で別々に契約している場合は特に、費用や工程など複雑に話し合うことになるので、仕事が忙しくてなかなか話が進まなかったりと、話し合いの段階でかなりの時間がかかってしまいます。

注文住宅は完成のイメージがしずらいです。
建売のように完成図がないので、最終的に完成しなければ見ることができないのです。
予算のオーバーも気を付けたいところです。
計画の段階で色々と要望を言ってしまうと、気づいたら予算オーバーになっていることもあります。
毎月のローンの事を考えれば予算内に収まるように、ある程度の妥協は必要です。


この記事をシェアする